○ 雑誌等論文 [ 民事 ]
表題 掲載誌等 (出版社) 出版年 著者
新しいタイプの訴訟の出現と民訴訟制度 ジュリ971号 1991 太田勝造
裁判手続と紛争処理 現代理論法学入門/田中成明編 (法律文化社) 1993 山本克己
裁判手続内での私的紛争の克服 西独民事訴訟法の現在/アーレンス編 (中央大学出版部) 1988 ゴットヴァルト/小島編訳
市民のための民事訴訟法(上)(下) 判タ450号6頁、452号13頁 1981 竜崎喜助
シンポジウム・新民事訴訟の審理について 法政研究65巻3・4合併号 1999  
仲裁判断とその執行 仲裁法の立法論的研究85頁 1993 高橋宏志
中立型調整弁護士モデルの展望 変革の中の弁護士(下)(有斐閣) 1993 宮川光治ほか編
調停における私的自治の理念と調停者の役割 民事訴訟雑誌47号228頁 2001 山田文
データムック民事訴訟 ジュリスト増刊 1993 林屋礼二編著
民事執行の実効性 判タ1043号 2000 佐藤彰一
民事司法改革 法律時報73巻7号49頁 2001 川嶋四郎
民事訴訟における争点及び証拠の早期整理とディスクロージャー 論叢142巻5・6号152頁   笠井正俊
民事訴訟の現在 現代社会と司法システム(岩波講座現代の法5/岩村正彦他編)(岩波書店) 1997 山本克己
民事調停の実務 判タ932号 1997 東京地裁民事調停実務研究会
民事紛争処理の多様性と訴訟機能の展望 法政研究51巻1号150頁   吉村徳重
民事法律扶助法および同法施行規則の解説(上) NBL693号9頁 2000 中井隆司
民事法律扶助法について 判タ1039号27頁   山本和彦
民事法律扶助法の評価と課題 ひろば53巻8号50頁 2000 山本和彦

<< back